ロールスクリーンはとても便利なアイテムです

ロールスクリーンは、コードを使って、ロール状の布を巻きあげたり、引き下ろしたりして開閉して使用するスクリーンのことをいいます。丈夫のシャフト部分には、スプリングが内蔵されています。シャフト部分に、カーテンが収納される仕組みになっています。 コードを調節すれば、巻き上げながら、自分の好きな位置でスクリーンの長さを調整することもできるので、大変便利です。 使用方法ですが、窓にとりつけて、カーテンとして使う方法が一般ですが、部屋の間仕切りとして、天井からつるして使用することもできます。 一つの部屋を二つに分けて使用したいといった場合、大変重宝します。 兄弟姉妹がいる家庭ならば、一つの部屋を有効に活用することができるでしょう。 他にも便利な使用法があります。オープンラックの目隠しに使用すれば、急な来客時にも人目に触れさせたくないものを隠すことも可能です。 窓にロールスクリーンを使用するほか、使用用途に合わせて応用が効くのが、このロールスクリーンのよいところでしょう。 ロールスクリーンの便利なところは、キッチンの目かくしとしても使用が出来ることです。たとえば、収納棚の下の壁面にロールスクリーンを取り付ければ、キッチンまわりのごちゃつきも、すっきりと見せることができるのです。 これならば、急な来客でもロールスクリーンをサッとおろせば、片付いていない部分もすっきりと見せることができるので便利です。 他にも、カーテンと一緒に使うことで、部屋の中に入ってくる光をお好みに調整することが可能です。 また外からの視線も避けることができるので、安全面でも優れたアイテムだといえるでしょう。 また遮光性の高い素材のものを選べば、夏場は室内の温度の上昇を抑えることができるので、エアコン代の節約にもなるので、省エネ対策にもよいでしょう。 使用されている布地によって、ロールスクリーンを下ろした状態で光を取り入れることができる素材を選べば、昼間は電気がなくても、明るくすごせることが出来ます。 サイズもいろいろとあるので、撥水加工の布地を選べば、洗面所や浴室での使用、洗濯機の目隠しなど、いろいろと応用が効くことでしょう。 部屋を広く見せたいときにはロールを巻き上げれば、すっきりと広く見せることができるし、片付いていない状態のときには、目隠しにスクリーンを下ろすだけという簡単な操作でよいのですから、来客時もあわてることもないので、重宝することでしょう。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*