シリコンハイドロゲルを使ってみよう

視力が低い人は、メガネかコンタクトレンズをつけています。メガネだとスポーツをする時や、おしゃれをしたい時に邪魔になってしまうので、若い女性はコンタクトレンズをつけていることが多いです。しかし、コンタクトレンズは、長時間つけていると乾燥したり、目が疲れたりしてしまいます。そんな乾燥の悩みを解消してくれるのが、コンタクトレンズの新素材であるシリコンハイドロゲルです。酸素透過性が一般のコンタクトレンズに比べてとても高く、長時間つけていても乾燥しにくいです。酸素透過性が高ければ、しっかり角膜に酸素が通るので、目のトラブルがおきにくいです。メリットがあるコンタクトレンズですが、一般のコンタクトレンズと比べて値段が高く、汚れがつきやすいというデメリットもあるので、一度試してみたい人はワンデータイプを使ってみるといいです。

シリコンハイドロゲル素材レンズの特徴

従来のソフトコンタクトレンズは、酸素透過性の悪さからトラブルを起こす事がありました。そこで開発されたのが、高い酸素透過性を持つシリコンハイドロゲルで出来た新しいソフトコンタクトレンズです。従来のコンタクトレンズによるトラブルの多くは長時間使用などによる各膜への酸素欠乏が原因によるものでした。しかし、シリコンハイドロゲルのコンタクトレンズは従来のハイドロゲル素材のものに比べて役2.5倍も酸素透過性が高く、従ってよりトラブルが少ないレンズと言えます。この特徴により、装着したまま寝る事も可能になります。もう一つの大きな特徴的は、乾燥に強い事です。従来のレンズは含水率が高く、レンズが薄い為、乾燥しやすいという特徴がありました。現在、日本で発売されているシリコンハイドロゲル素材のコンタクトレンズは、1週間交換型、2週間交換型、1か月交換型の三種類がありますが、いずれのタイプも使用期限中、一度も外す事なく装着可能です。しかし、長時間の連続使用は目の負担が大きくなるので毎日外してケアしましょう。

シリコンハイドロゲルとは

コンタクトレンズを毎日つけている人は多いです。コンタクトレンズをつけると、視力が良くなるので、周りの景色が鮮明に見えるようになります。昔はハードコンタクトをつける人が多かったですが、落としやすく、入れていると目に違和感を感じることが多いので、最近はソフトレンズをつける人が多いです。しかも、1日や、二週間の使い捨てタイプを使っている人がおおいです。違和感なくつけることが出来ますが、長時間つけていると、目が乾燥してしまい、目薬が手放せなくなってしまう人もいます。そんな人は、コンタクトレンズの新素材であるシリコンハイドロゲルを試してみるといいです。酸素透過性も高いので、目の病気にもなりにくいです。少し一般的なコンタクトレンズに比べて値段が高く、手入れも大変ですが、ドライアイの人は一度使ってみるといいです。